島田叡氏没後70年記念特別展「沖縄の島守よ、永遠に」

島田叡氏没後70年記念特別展「沖縄の島森よ、永遠に」と題したパネル展が、3月14日より、沖縄銀行本店1階ロビーで開催されています。


1458107807531
1458179636028

島田氏は、沖縄で地上戦が始まる直前の1945年1月に死を覚悟で沖縄県知事に就任。6月に糸満市摩文仁で消息を絶つまで、住民を守るために、県外への疎開業務や食料の確保などに尽力し、多くの県民の命を救いました。
また、島田氏は、旧制第二神戸中学校(現・県立兵庫高校)、第三高等学校(現・京都大学教養部)、東京帝国大学(現・東京大学)では野球部に所属し「俊足、強肩、巧打の花形選手」として活躍した野球人としても知られていて、野球殿堂博物館(東京ドーム)に、戦没野球人の一人としてその名が刻まれています。
昨年6月に島田氏の功績を称える顕彰碑が奥武山公園に建てられました。月刊「おきなわ野球大好き」でも4回にわたり、顕彰碑建立に向けた島田叡氏事跡顕彰期成会の活動の様子を誌面で紹介しました。やや宣伝ぎみになりますが、今回のパネル展で、月刊「おきなわ野球大好き」も展示されていて、一部誌面は拡大されてパネルで展示されています。
1458107828263
1458107764089
島田叡氏の功績や人となりを知ることがパネル展は、4月1日(金)までの開催です。沖縄銀行本店まで、足を運んでみてください

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする